新着情報

地域連携センターニュース 新着情報

北海道札幌平岸高等学校との高大連携調印式を執り行いました!
2016.12.14地域連携センターニュース
北翔大学・北翔大学短期大学部(西村弘行学長)と北海道札幌平岸高等学校(林 恵子校長)との高大連携協定調印式が、12月11日(日)に北翔大学北方圏学術情報センターポルト(札幌市中央区南1条西22丁目)において執り行われました。
本学では、高大連携を積極的に推進しており、札幌平岸高校とは12校目の協定です。

札幌平岸高校とは、本学芸術学科と同校デザインアートコースを中心とする連携交流が活発に行われており、調印式は、本年で6回目となる合同ファッションショーが終了したばかりの熱気さめやらぬポルトホールステージにおいて、挙行されました。
 
北海道札幌平岸高等学校との高大連携調印式を執り行いました

北海道札幌平岸高等学校との高大連携調印式を執り行いました
 
調印後に、西村学長から、札幌平岸高校は北海道内で唯一のデザインアートコースを有しており、これまで本学芸術学科は様々な活動を協働で行ってきました。芸術学科には美術、メディアデザイン、インテリア建築、服飾美術、舞台芸術分野があり、短期大学部にはライフデザイン学科があり、ファッション舞台アートコースを有し、シンクロして活動しています。今後は、この協定を契機に、芸術分野に留まらず、スポーツ分野、教員養成分野、福祉、臨床心理分野等で、幅広く連携したいと語られました。
林校長からは、これまでの取組への支援に謝辞が述べられ、高等学校だけでは実施できない高度な内容のファッションショーに取り組んできたことは、貴重な学習の機会となっており、生徒たちがこの連携協定によって提供される学習の機会を十分に活かして自身の学びを深めることを期待しています。また、研究交流や情報交換によって双方の教育活動が充実していくことを願っていますと語られました。
 
北海道札幌平岸高等学校との高大連携調印式を執り行いました

北海道札幌平岸高等学校との高大連携調印式を執り行いました