新着情報

健康福祉学科 新着情報

第2回 認知症予防担当職員研修会を開催しました
2017.03.01健康福祉学科
2月19日(日)に健康福祉学科と「認知症になりにくいまちづくり宣言」推進本部が主催する「第2回認知症予防担当職員研修会」を開催しました。
 
道内各自治体で認知症予防に取り組む職員に参加を呼びかけ、北翔大学の客員教授でもある浦上克哉先生に認知症予防についての講義をしていただき、続いてそれぞれの参加者が感じている認知症予防事業の課題についてグループワークを通じて意見交換をしました。
 
冬休み期間中でしたが、これまで学科が取り組んできた認知症予防事業について学ぶ講義や実習に取り組んできた学生も参加し、熱心に学んでいました。
 
認知症予防の取り組みは、重要性が認識されてきてはいるものの、どのように進めればよいかなど現場での悩みも多く、参加者からはこのような研修の継続的な開催を希望する声が多く寄せられました。大学として、また、学科として人材育成も含めて認知症の理解と予防に貢献してきたいと考えています。
 
*「認知症になりにくいまちづくり宣言」推進本部:「認知症になりにくいまちづくり宣言」を行った北海道内の自治体における認知症予防の取り組みを支援することを目的とした、コープさっぽろ、北翔大学生涯スポーツ学部、NPOソーシャルビジネス推進センターの3者で構成する組織です。

第2回認知症予防担当職員研修会

第2回認知症予防担当職員研修会

第2回認知症予防担当職員研修会

第2回認知症予防担当職員研修会

第2回認知症予防担当職員研修会

第2回認知症予防担当職員研修会