新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

アスレティックトレーナーを目指して現場実習スタート!
2019.04.24スポーツ教育学科
日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナーを志す4年生が、学内を活動拠点とする現場実習をスタートしました。
 
アスレティックトレーナーは、傷害の予防とパフォーマンス向上のためのコンディショニングの専門家です。アスレティックトレーナーを目指す学生たちは、スポーツ活動で発生するケガや疾病の知識と対処法、競技特性を考慮したトレーニング方法など、1年生から3年生までの授業で学んだことを4年生の現場実習で実践します。
 
北翔大学では、スポーツ活動がとても盛んなことから、学生トレーナーが学生アスリートをサポートできる環境が身近にあります。これが本学の特色のひとつでもあります。学生たちは、普段、友人あるいは先輩後輩の関係であっても、トレーナーとして活動する時は、気持ちを切り替えて選手を支える頼もしいトレーナーに変身します。
 
現場実習は180時間以上ありますので、たくさんの経験を積み重ねて、卒業後はアスレティックトレーナーとして活躍することを期待しています。
 
教授 吉田真(専門:アスレティックトレーニング)

写真1

写真2