重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

スポーツ科学センターニュース 新着情報

和田義明議員と学生の意見交換会開催
2022.12.02スポーツ科学センターニュース
11月26日(土)北海道5区選出の衆議院議員で現在は内閣府副大臣をお務めの和田義明議員と本学川森准教授のゼミ生8名による意見交換会が開催されました。
これは、「現在の学生の生の声を聞きたい」という和田議員の希望があり、双方相談のうえ、行われたものです。川森ゼミは、公務員を目指す学生が所属しており、すでに公務員試験に合格している学生、これから公務員を目指す学生、大学4年・3年合わせて8名の学生が当日参加いたしました。
和田議員の紹介の後、意見交換会が行われました。学生一人一人の自己紹介の後、和田議員より、公務員の仕事とは、公務員に期待されること、政治家と公務員の関係等について講話があり、それを踏まえてその後さまざまな学生の質問に和田議員が答える形で意見交換会が進行されました。
その中で、「初対面の住民の方のニーズを把握するためにはどのように接したら良いでしょうか?」との問いに対し和田議員から、「話のきっかけとして、まずお困り事はないですか?と伺うことが話すきっかけとなります」とのアドバイスがありました。また、「安定していて良く見える公務員ですが、内実求められることは多く、厳しい仕事でもあります」との仕事の厳しさを伝える一方、「住民のために働く、これほどやりがいのある仕事はありません」との公務員の仕事の重要性も伝えてくれました。
学生は相手が国会議員で緊張しているようでしたが、それでも普段は聞けない貴重な機会となり、公務員試験に合格した学生は将来の仕事での活躍を誓い、これから公務員試験に挑む学生にはより強く目指す気持ちが高まる場になったと思われます。
その後、和田議員の希望もあり、短時間ですが当日練習を行っていたバドミントン部学生とバドミントンで汗を流されました。和田議員は、学生時代にラグビーやテニスなどをやっていたスポーツマンでもあり、短時間でみるみる上達する姿は時間のない中で成果を出す政治家らしい一面を拝見できたと思います。
日頃、政治にあまり関心のない学生もこうした触れ合いにより、政治や経済、社会といったことに意識が高まったと思います。この経験を生かし、社会で活躍してくれることを期待してやみません。