新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

2014年サマージャンプ大会報告
2014.08.06スポーツ教育学科
卒業生
細田将太郎さん、サマージャンプ大会で優勝!!
 
スポーツ教育学科を平成26年3月に卒業し、現在、スポル共同研究室に勤務している細田将太郎さんがサマージャンプ大会で優勝しました。
 
7月13日(日)に朝日町で行われた大会では、ソチ五輪代表選手である清水選手、渡瀬選手の2名が出場している中、1本目は5位につけ、2本目で逆転し準優勝でした。1本目に着地で大きくバランスを崩してしまい、飛型点が大きく減点されてしまい、優勝も出来る飛距離を飛んでいたため少し悔しい結果となりました。
 
8月3日(土)に宮の森ジャンプ競技場で行われた大会では、ソチ五輪メダリストの葛西選手、竹内選手の2名が出場している中、見事、優勝という最高の結果を収めました。1本目に3位につけ、2本目でヒルサイズ(これ以上飛んだら危険とされる飛距離)まで2,5mと迫る97.5mを飛び逆転で優勝しました。
 
8月4日(日)に大倉山ジャンプ競技場で行われた大会では、11位と悔しい結果となり、本人もまだまだ技術を向上させなければならないと痛感する結果でした。
今後、冬季シーズンに入るまでにレベルアップをしてワールドカップに参戦できるよう努力していくと決意を新らたにしております。
皆さまの温かいご声援、ありがとうございました。
 
細田将太郎 サマージャンプ結果
第34回全日本サマージャンプ朝日大会(7/13):2位
第32回札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会(8/3):優勝
第15回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会(8/4):11位
 
今後の試合予定:
8/23・8/24   FISサマーグランプリ白馬大会(長野県、全日本スキー連盟が出場選手発表のため未定)
8/31   第14回妙高サマージャンプ大会(新潟県)
9/7    第26回塩沢ジャンプ大会(新潟県)
 
報告者:スキー部監督 竹田唯史(スポーツ教育学科教授)