新着情報

地域連携センターニュース 新着情報

公開講座「ヤーコン等の健康機能の話と試食」が行われました
2014.11.21地域連携センターニュース
11月15日(土)に公開講座「ヤーコン等の健康機能の話と試食」が、北翔大学で行われました。
ヤーコンは、食後血糖の上昇を抑制し、動脈硬化の予防や腸管免疫活性化等の健康効果で知られています。講演者である西村弘行学長は、ヤーコンの栽培方法や、健康効果、健康を引き出す調理法などについてお話をされました。
63名の参加者は、健康に関心のある方が多く、熱心にうなずきながらメモを取る姿が見られ、また、西村学長の軽快なお話に、終始、笑い声も聞かれました。保存方法について質問される方もいらっしゃいました。
講演の後、会場を食堂に移して、ヤーコンとその他の食材と栄養バランスを考慮した食材メニューの試食をしていただきました。
メニューは「ヤーコンと豚肉のオイスターソース炒め」「ヤーコンのきんぴら」「ヤーコンの炒り鶏」「ヤーコンと玉ねぎのマリネ」「ヤーコンの天ぷら」「ヤーコンとフルーツのヨーグルト和え」「ごはん・味噌汁」です。定食スタイルでしたが、希望者はおかわりもできました。西村学長は、「平成26年度北海道地方発明表彰 中小企業庁長官奨励賞」を受賞された玉ねぎのドレッシングを、参加者の皆さんお一人お一人に振舞われていました。全薬工業(株)の臨床実験で「血糖上昇抑制効果」が証明された「ヤーコン茶」も大人気で、たくさん用意されたお茶のポットがどんどん減っていました。あちらこちらで西村学長に熱心に質問をされている方の姿も見られました。お帰りの際には皆さんから、笑顔で「美味しかった」というお声を多数いただきました。
美味しくて健康になれるヤーコンを、来年はぜひ、ご家庭の菜園で育ててみてください。