• 入試情報
  • 学部・大学院
  • キャンパスライフ
  • 授業料・奨学金
  • 就職・進路
  • 資料請求はコチラから
  • 2021年度以降入学者選抜方法の変更について(予告)
  • Admission Navi 北翔大学受験ガイド
  • サポートガイド
  • 5つの教育フレーム
  • OPEN CAMPUS
  • 研究室探訪
  • 進学相談会
  • Q&A
  • サークル紹介
  • make Happiness.

アドミッションポリシー[入学者受け入れ方針]

大学が学生を受け入れるための方針。
つまりどんな学生にきてほしいか?ということをまとめたものです。
■生涯スポーツ学部
スポーツ教育学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)高等学校までの履修内容を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身に付けている。
(3)身近な社会問題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
(4)スポーツ活動を通して積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。
(5)スポーツの活動経験があり、入学後もスポーツ活動に積極的に関わる(する、みる、支える)意欲を有している。
(6)スポーツ・健康に関することを学び、生涯スポーツ社会において、保健体育科教諭、健康運動指導士、アスレティックトレーナー等を目指し、スポーツ活動や健康づくりを推進しようとする意欲がある。
(7)スポーツ活動を行うための基礎的運動能力を有している。
 
健康福祉学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)健康分野及び福祉分野の勉学意欲が高く、その専門家として活躍することを希望している。
(3)他者とのコミュニケーションを積極的に図る。
 
■教育文化学部
教育学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)教育や保育に関する社会的な諸課題について、自分の持っている知識や情報により論理的に思考し、それを説明したり表現したりできる。
(3) 「初等教育」、「幼児教育」、「養護教諭」、「音楽」の4コースから、主体的に所属先を選択・希望するために、専門性の高い職業に就く目的意識を有し、そのためにどのような学びを展開していきたいのか、具体的に考えることができる。
(4)高等学校等で課外活動やボランティアなど、多様な活動経験を有している。
 
芸術学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)美術、メディアデザイン、インテリア建築、服飾美術、舞台芸術などの芸術分野に興味があり、芸術の学びを通して成長したいという意志を有している。
(3)自分のことだけではなく、広く社会を見渡し、自分の創造力や構想力によって他者に寄与したいという意志を有している。
(4)様々な事を思案するだけに留まらず、芸術分野における創作表現の実践や、既成概念にとらわれない新たな挑戦を行いたいという意志を有している。
(5)創作制作を通じ、他者と互いに学び合いたいという意志を有している。
 
心理カウンセリング学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)高等学校までの履修内容を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身に付けている。
(3)心理学や精神保健福祉学に関する社会的な諸問題について、自ら得た知識・情報に基づいて論理的に思考し、それを説明することができる。
(4)入学後の修学に必要とされる、コミュニケーション力、及び、主体性をもって学ぶ姿勢を持っている。
(5)自分自身の心、自分を取り巻く他者の心、そして人と人とのかかわり合いについて理解を深める意欲を持っている。
(6)心理学・精神保健福祉学の専門知識に基づき、人間理解と対人援助に力を注ぐための実践能力を身に付ける意欲を持っている。
 
■短期大学部
ライフデザイン学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2)高等学校までの履修内容を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身に付けている。
(3)キャリアデザイン、ファッション、舞台芸術のいずれかの専門分野に興味を持ち、修得した知識や経験を社会で役立てたいという意欲がある。
(4)他者の考えに耳を傾け、理解しようと努める態度を有している。
(5)自身の興味や考えを論理的に考察し、他者に説明することができる。
 
こども学科
本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1)高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2) 論理的・社会的なものの見方・考え方ができる。
(3)保育者・教育者を目指す上で、保育、音楽、教育コースの専門的な分野に興味や関心を持っている。
(4)修得した知識や経験を保育・教育現場や社会で役立てたいという目的意識や意欲がある。
(5)自分の考えを論理的に考察し表現するなど、コミュニケーション能力を身に付けている。
(6)創造したり表現したりすることの技能が備わっている。
 
■大学部
人間福祉学研究科 人間福祉学専攻
本専攻では、次のような人材を求めている。
(1)自らの経験を検証・理論化し、科学的な実践のための学びを目指す人。
(2)理想とする専門職像を再構成し、再び実践現場で活動することを目指す人。
(3)将来、福祉関連分野における先駆者や指導者を目指す人。
(4)福祉・保健・医療関係職にあって、社会福祉の理論の深化を目指す人。
(5)研究倫理を守り、向上心を持って真摯に研究に向き合える人。
 
臨床心理学専攻
本専攻では、次のような人材を求めている。
(1)一人ひとりの尊厳を念頭に人間理解への深い関心をもち、広い視野にたつ心理援助職を目指す人。
(2)保健医療・教育・福祉等の様々な領域で、チームの一員として活動できる専門性と社会性を備えた心理援助職を目指す人。
(3)大学の学士課程で学ぶ心理学ないし臨床心理学の基礎的な知識を身に付けている人。
(4)大学院修士課程で研究活動を進めていく際に必要とされる基本的な研究スキルを身に付けている人。
(5)国内外の最新の学術情報を収集し活用するための外国語能力及びグローバル化社会に対応した情報リテラシー能力を身に付けている人。
 
生涯学習学研究科 生涯学習学専攻
(1)生涯学習機関、団体、行政、企業等で生涯学習の振興に関する指導的役割を果たせるような高度で柔軟な実践的、臨床的、研究的知識と企画力を併せ持つ専門職を目指す人。
(2)学校教育、社会教育、矯正教育、教護施設等の各種専門職と連携し、幅広く活躍できる学校心理士を目指す人。
(3)リカレント学習、教職専修免許状取得を目指す人。
 
生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻
運動やスポーツ、健康に関する学術研究や科学的知識及び専門的技能の修得に高い関心と熱意を持った人材を求める。生涯にわたるスポーツ活動の推進や健康の維持・増進、生涯スポーツの振興、指導者養成に対し、指導的な役割を担える人材を受け入れる。また、スポーツ競技者へのセカンドキャリア、コーチ・指導者へのリカレント教育、保健体育科教諭への教職専修免許状取得等の機会を提供する観点から、社会人の入学を積極的に受け入れる。