学部・大学院

資料請求はこちらから
オープンキャンパス

サークル紹介

人間福祉学研究科

地域と人の「豊かさ」を理論と実践で学び、「福祉のまちづくり」と「こころの健康」に貢献する

社会に暮らす全ての人が安定した生活環境の中で過ごすために、「福祉のまちづくり」の考え方に基づき、さまざまな施策が行われています。また、高度に情報化され複雑化した社会の中で「こころの健康」の維持と推進は、ますます重要な課題として取り上げられるようになりました。
一人ひとりの幸せを目指しながら、誰もが安心して暮らせる社会を実現するために、より高度で専門的な知識や技術を持った福祉の専門家が求められています。

人間福祉学専攻

人間福祉学研究科人間福祉学専攻

”地域と生活を基本に、これからの福祉を考える”
定員4名/ 標準修業年限 2年

高度な知識・技術を備えた実践者・指導者を育成するため、専門性を深める各分野の講義と演習が用意されており、福祉を取り巻く人間・社会・制度に対する疑問を探求する姿勢および科学的に解決するための調査・研究手法を学ぶことができます。そして、修士論文の執筆を通して、身につけた知識やスキルを統合し、問題解決と新たな価値の創造につなげていく能力と姿勢を修得します。
 

教育課程の特徴
福祉環境、高齢者福祉、児童福祉・障害者福祉領域などの政策制度、さらに「福祉のまちづくり」について幅広く指導的な対応ができる人材を育成。
 

人間福祉学研究科人間福祉学専攻の学びのイメージ

臨床心理学専攻

人間福祉学研究科臨床心理学専攻

”自分を知り、社会を知り、他者への心理的支援を考える”
定員4名/ 標準修業年限 2年

優れた心理臨床家になるためには、基礎心理学を学び科学的・論理的な視点を身につけるとともに、臨床心理学の高度な理論と技術を身につけることが必要です。本専攻のカリキュラムでは、自身の洞察を深めつつ、人を理解し支援することを科学的・実践的に探求していきます。保健医療、福祉、教育等の各種臨床現場で、他の専門職と連携・協働して心理臨床活動に従事できる心理職を育成します。
 

教育課程の特徴
臨床心理士養成第1種指定校として「臨床心理士」の教育課程と、国家資格「公認心理師」の教育課程の両方を整備しています。2年間を通して行われる4つの実習科目では、本学の臨床心理センターと、学外実習機関の病院(総合病院、精神科、心療内科等)、児童養護施設、教育委員会、少年院、少年鑑別所等の様々な領域における現場の実際を知り、実践力を高めることができます。
 

人間福祉学研究科臨床心理学専攻の学びのイメージ
 

独自ブログはこちら

3つのポリシー

カリキュラムマップ

人間福祉学専攻

カリキュラムマップ
PDFはこちら
 

臨床心理学専攻

カリキュラムマップ
PDFはこちら

資格・学位

人間福祉学専攻

取得学位
修士(人間福祉学)修了者に授与
 

臨床心理学専攻

取得できる資格
「臨床心理士」受験資格
修了後、直近の臨床心理士資格認定試験を受験できます。

「公認心理師」受験資格
本専攻入学前に出身大学において省令に定める科目を履修済みで、本専攻において指定の科目を履修した場合にを取得することができます。

取得学位
修士(臨床心理学)修了者に授与

進路・就職実績

人間福祉学専攻

予想される進路
・ソーシャルワーカー
(病院、各種社会福祉施設・機関、児童相談所、福祉事務所、在宅介護支援センター、シルバービジネス関連など)
・家庭裁判所調査官(社会福祉)
・公的、民間研究機関の研究員
・教員(大学・専門学校・高等学校・中学校)など

修了後の進路(過去10年間)
・専門学校教員 2名
・高等学校教諭(正規) 4名
・医療・福祉施設職員 8名
・公務員 1名
・一般企業 1名
 

臨床心理学専攻

予想される進路
・各種病院の心理職
・スクールカウンセラー
・各種社会福祉施設の心理相談員
・児童相談所の心理判定員
・家庭裁判所調査官(心理学)
・司法矯正施設の心理専職
・教員(大学・専門学校等)
・教育委員会(教育相談員)など

主な進学・就職先(過去10年間)
・病院心理職 27名
・福祉系機関心理職 10名
・教育委員会(臨床心理士、教育相談員) 7名
・児童相談所 2名
・スクールカウンセラー 1名
・大学教員 4名
・高校教諭 1名
・大学職員 1名
・一般企業 1名
・進学(大学院博士後期課程) 1名

人間福祉学研究科の最新情報一覧を見る