学部・大学院

資料請求はこちらから
オープンキャンパス

サークルブログ

生涯スポーツ学研究科

スポーツ健康づくりの推進役を果たします

北海道をはじめ氷雪寒冷圏域における生涯スポーツ社会の発展に向けて、運動・スポーツや健康に関する学術的研究能力と専門的技能を修得し、その指導的役割を担う人材の養成を目的としています。

生涯スポーツ学専攻

生涯スポーツ学研究科のイメージ写真

”豊かな生涯スポーツ社会の発展に貢献する”
定員6名/ 標準修業年限 2年

「スポーツ科学」、「応用健康科学」、「スポーツ教育学」の3つの視点によって、生涯にわたるスポーツ活動を理論体系化し、年齢層やスポーツ技量の違いなど、各対象に応じた質の高いスポーツ指導・支援が可能な人材を養成します。
 

教育課程の特徴
「基礎教育領域」と「応用教育研究領域」の2階層構造からなり、「基礎教育領域」で氷雪寒冷圏域を中心的対象とする生涯スポーツや環境・スポーツ適応協関に関する科学的知識基盤を大学院レベルで構築、「応用教育研究領域」ではスポーツ科学、応用健康科学およびスポーツ教育学の専門的素養を大学院レベルに特化・深化させます。

生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻の学びのイメージ

3つのポリシー

資格・学位

取得できる資格
中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)
すでに、中学校・高等学校一種免許状(保健体育)を取得している方については、教育職員免許法で定められた本研究科の開設科目を修得することで、対応する学校種の専修免許を取得できます。

取得学位
修士(スポーツ科学)論文者に授与

進路・就職実績

予想される進路
・地域スポーツ振興を担う市町村職員および総合型地域スポーツクラブの職員・マネージャー・指導者
・医療施設・健康づくり施設の健康運動指導士
・各種学校の保健体育教諭(含:専修免許)
・学術研究を目指す博士後期課程進学 
・大学等の高等教育機関教員や助手・研究機関研究員や助手など
 

修了後の進路(過去2年間)
・医療施設職員 7名
・中学校教諭(保健体育:正規) 1名
・高等学校教諭(保健体育:臨時) 2名
・専門学校教諭 1名

研究機器・備品

呼気ガス分析装置
安静時および運動時に呼気ガス分析を行い、エネルギー消費量を算出することができます。漸増負荷運動時に用いることにより、有酸素性作業能力の有効な指標である換気性閾値や最大酸素摂取量を測定することができます。


サーモグラフィ(熱量計測器)
体表面から放射される遠赤外線を捉え、環境変化や運動による熱生産に伴う体表面温度の変化を可視化することができます。

光学式モーションキャプチャシステム
全身に赤外線反射マーカを貼付し、2台の赤外線カメラで撮影することで、マーカの三次元座標を計測することができる装置です。床反力計や表面筋電計と同期計測することで、身体運動における姿勢や動き、力や筋活動を記録することができます。
 

生涯スポーツ学研究科のイメージ写真

表面筋電計
筋活動の大きさを相対的に計測することができます。筋電計のデータによって筋活動の開始タイミング、終了タイミングが分かります。また、主働筋と拮抗筋が同時収縮しているのか交互に収縮しているのかが分かります。データ解析によって、活動リズムや筋疲労を評価することにも利用できます。

低酸素制御装置
低酸素環境を人工的に作り出し、有酸素能力の向上や高地順応のためのトレーニングが可能です。また高酸素環境も設定でき、高齢者など効果的なトレーニングを実施することができます。

生涯スポーツ学研究科の最新情報一覧を見る