新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

「教育実習」スタート!
2019.06.05スポーツ教育学科
保健体育科の教員を目指している4年生が、現在教育実習に行っています。先日、ゼミの学生が教育実習でお世話になっている北海道石狩南高等学校にお邪魔しました。
 
北翔大学のスポーツ教育学科で保健体育科の教員を目指す場合は、3年次までに教職関係の所定の単位を修得し、4年次に3週間の教育実習に行くことになっています。教育実習校は主に母校で、3年次のうちに受け入れの依頼をして学校の承諾を得る必要があります。
 
教育実習は、現場で実際に生徒と触れ合いながら、教員としての仕事のやりがいや難しさなどを肌で感じとることができる貴重な機会です。実習校の校長先生や副校長・教頭先生をはじめとして、ホームルームの担当の先生、教科の担当の先生のご指導をいただきながら、教員としての心構えや、実際の指導方法について学びます。
 
教育実習生であっても、生徒にとっては自分が指導を受ける「先生」です。学生は、慣れない指導案の作成やホームルームでの指導に戸惑いながらも、教職に就くという自らの目標の実現に向けてがんばっています。
 
教授 森  靖明(専門:保健体育科教育)
写真①
 
写真①
 
写真①
 
写真①