新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

髙田真吾講師らの研究が「Scientific Reports」に原著論文として掲載されました!
2019.09.18スポーツ教育学科
 髙田真吾講師らの研究が国際英文雑誌「Scientific Reports」に原著論文として掲載されました(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30837669)。
 この研究は、北海道大学大学院医学研究院循環病態内科学、北海道⼤学病院臨床研究開発センター、同循環器外科学、⼿稲渓仁会病院⼼臓⾎管外科、北海道⼤学病院がん遺伝⼦診断部、北海道⼤学⼤学院医学研究科探索病理学講座、デンマーク・コペンハーゲン⼤学⻑寿健康センターの先生方との共同研究です。
 本研究では、心臓周囲脂肪の質の低下が、冠動脈硬化の進⾏に関わることを世界で初めて明らかにしました。加えて、⼼臓⼿術の際に採取される⼼⾎管病患者の⼼臓周囲脂肪を用いて、心臓周囲脂肪の量の増加のみならず質の低下が、冠動脈硬化の進⾏に関わることを見出しました。
 
Nakajima T, Yokota T, Shingu Y, Yamada A, Iba Y, Ujihira K, Wakasa S, Ooka T, Takada S, Shirakawa R, Katayama T, Furihata T, Fukushima A, Matsuoka R, NishiharaH, Dela F, Nakanishi K, Matsui Y, Kinugawa S. Impaired mitochondrial oxidative phosphorylation capacity in epicardial adipose tissue is associated with decreased concentration of adiponectin and severity of coronary atherosclerosis. Sci Rep 5;9(1):3535, 2019.