新着情報

生涯学習学研究科 新着情報

生涯学習学研究科2年生の発表が接骨医学会学術大会への「推薦論文」に選出
2019.08.28生涯学習学研究科
 2019年7月28日に札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌)で開催された公益社団法人日本柔道整復師会第48回北海道学術大会において、本学大学院生涯学習学研究科2年生の唐牛拓郎(からうしたくろう)さんが研究論文を発表し、2020年11月に東京で開催される第29回日本柔道整復接骨医学会学術大会への「推薦論文」として選出されました。唐牛さんが発表した論文のテーマは「運動前後からみる主観的疲労と整形外科的症状に関する考察」です。
 7月28日に開催された北海道学術大会では、18編の論文発表があり、選考対象となった13論文の中から2編が、接骨医学会学術大会への「推薦論文」(発表時の東京への旅費・宿泊費が支給)として選ばれました。

写真1

写真2

写真3

写真4