重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 
 

新着情報

生涯スポーツ学研究科 新着情報

第58回北海道体育学会で本研究科の院生・研究生・教員が発表しました。
2018.12.04生涯スポーツ学研究科
2018年12月1日(土)~2日(日)に北海道医療大学で開催された「第58回北海道体育学会」において、大学院生涯スポーツ学研究科修士課程3名、研究生1名、教員1名が研究発表を行いました。本学会は、体育・スポーツに関する学会であり、道内から多くの研究者が集まりました。教育講演では日本スケート連盟の湯田先生より「平昌オリンピックスピードスケートナショナルチームの活躍と科学的サポート」という演題で講演をいただきました。今回の平昌オリンピックのスピードスケート陣のメダル・入賞ラッシュの裏側にはさまざまな努力があったことを学び、大変充実した学会参加となりました。
 
発表演題と発表者については下記の通りです。

〇千葉 直樹(生涯スポーツ学部 教授)
「北海道A市中学校教員にみる学校部活動への取り組み方と態度」

 〇吉野 滉平(生涯スポーツ学研究科 M2)
「高齢者を対象としたフリークライミングの指導方法について」

〇早坂 恭亮(生涯スポーツ学研究科 M2)
「鉄棒運動における後方支持回転の指導について」
 
〇吉田 亜紗美(生涯スポーツ学研究科 M1)
「小学校低学年児童の自主的な「ジャンプ遊び」の運動回数が運動能力に及ぼす影響」
 
〇梅田 千尋(生涯スポーツ学研究科 修了生・研究生)
「高等特別支援学校における短距離走の指導実践」(ポスター)
 
写真
写真:吉田 亜紗美さん「小学校低学年児童の自主的な「ジャンプ遊び」の運動回数が運動能力に及ぼす影響」

写真
写真:吉野 滉平さん「高齢者を対象としたフリークライミングの指導方法について」

写真
写真:早坂 恭亮さん「鉄棒運動における後方支持回転の指導について」