学部・大学院

資料請求はこちらから
オープンキャンパス

サークル紹介

臨床心理学研究科

2024年4月 人間福祉学研究科を臨床心理学研究科へ名称変更
 

地域と人の「豊かさ」を理論と実践で学び、「福祉のまちづくり」と「こころの健康」に貢献する

今日、社会に暮らす全ての人が安定した生活環境の中で過ごすために、「福祉のまちづくり」の考え方に基づき、さまざまな施策が行われています。また、高度に情報化され複雑化した社会の中で「こころの健康」の維持と推進は、ますます重要な課題として取り上げられるようになりました。
一人ひとりの幸せを目指しながら、誰もが安心して暮らせる社会を実現するために、より高度で専門的な知識や技術を持った福祉や心理臨床の専門家が求められています。

臨床心理学専攻 修士課程

人間福祉学研究科臨床心理学専攻

”自分を知り、社会を知り、他者への心理的支援を考える”
入学定員4名/ 標準修業年限 2年

優れた心理臨床家になるためには、基礎心理学を学び科学的・論理的な視点を持つとともに、福祉の理念と生活支援の観点を念頭に置き、臨床心理学の高度な理論と技術を柔軟に応用する力が必要です。本専攻のカリキュラムでは、心理臨床に関する幅広い知識を深く理解し探究するとともに、大学院附属の臨床心理センターや学外の病院・施設での実習を通して臨床現場を意識した実践力を身につけることができます。修了者は修士(臨床心理学)が授与されます。
 

教育課程の特徴
臨床心理士養成第1種指定校として「臨床心理士」の教育課程と、国家資格「公認心理師」の教育課程の両方を整備しています。2年間を通して行われる4つの実習科目では、本学の臨床心理センターと、学外実習機関の病院(総合病院、精神科、心療内科等)、児童養護施設、教育委員会、少年院、少年鑑別所等の様々な領域における現場の実際を知り、実践力を高めることができます。
 

人間福祉学研究科臨床心理学専攻の学びのイメージ
 

独自ブログはこちら

3つのポリシー

カリキュラムマップ

臨床心理学専攻


PDFはこちら

資格・学位

臨床心理学専攻

取得できる資格
「臨床心理士」受験資格
修了後、直近の臨床心理士資格認定試験を受験できます。

「公認心理師」受験資格
本専攻入学前に出身大学において省令に定める科目を履修済みで、本専攻において指定の科目を履修した場合にを取得することができます。

取得学位
修士(臨床心理学)修了者に授与

進路・就職実績

臨床心理学専攻

予想される進路
・各種病院の心理職
・スクールカウンセラー
・各種社会福祉施設の心理相談員
・児童相談所の心理判定員
・家庭裁判所調査官(心理学)
・司法矯正施設の心理専職
・教員(大学・専門学校等)
・教育委員会(教育相談員)など

修了後の進路(過去10年間)
・病院心理職 17名
・福祉系機関心理職 12名
・教育委員会(臨床心理士、教育相談員) 5名
・児童相談所 2名
・スクールカウンセラー 1名
・大学教員 3名
・高校教員 1名
・司法・警察専門職 2名

 

臨床心理学研究科の最新情報一覧を見る