重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

お知らせ 新着情報

令和2年度学事日程の変更について
2020.04.21お知らせ
令和2年4月21日
学生及び保護者・保証人の皆さまへ
 
北翔大学・北翔大学短期大学部
学長 山谷 敬三郎
 
令和2年度学事日程の変更について
 
謹啓 陽春の候 学生及び保護者の皆さまにおかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い、本学を含む各大学では学生の感染リスクを回避するため、学事日程を当初よりも後退させなければならない状況となっております。
 本学では、4月3日(金)から4月10日(金)まで、学部ごとにオリエンテーションを実施し、その後約2週間学生の体調などの把握を行い、授業開始日を4月27日(月)に延期することといたしました。
 また、この間に学内で感染予防に対する対応を十分に行いながら奨学金説明会なども開催してまいりましたが、4月7日(火)には首都圏を中心とした7都府県に「緊急事態宣言」が出され、4月16日(木)には北海道を含む全国に拡大されました。また、北海道は「特定警戒地域」に指定され、4月20日から5月6日までの北海道知事による休業要請等の対象施設は大学も含まれるなど、感染への警戒が非常に高まっております。
 こうした状況を受け、本学では授業開始日を4月27日(月)としておりますが、5月6日(水)までの間は大学への登校をしない遠隔授業を実施することといたしました。この遠隔授業期間についても、今後の感染拡大の状況を見て判断してまいります。
 本学は、学生と教職員との深い信頼関係による授業の実施を重視しており、遠隔での授業を行うことについては学内で長い時間をかけてその是非について議論が行われました。しかし、大学生を含む若い世代の感染が増加傾向にあり、しかも無症状もしくは軽症で経過すると言われており、対面での授業を実施することで学生が感染するリスクを回避することが難しいという判断に至りました。また、学生の感染がさらに家族や社会的な感染の拡大につながる可能性もあり、遠隔授業の選択は苦渋の選択でした。
学生及び保護者・保証人のみなさまにおかれましては、このような状況をご理解いただき、ご自身やご家族含めて3密を避けて、健康に十分ご留意いただけましたら幸いです。
 なお、4月27日(月)からの授業開始にあたりまして、現在、講義科目の履修登録を進めております。履修登録を初め、遠隔授業の受講などで不安がある学生及び保護者におかれましては、学生の担当教員へご連絡いただければと思います。担当教員がすぐにお答えできない場合には、担当の教職員からご連絡を差し上げます。
よろしければ、学長から学生へ向けたメッセージを大学のホームページに掲載しておりますので、ご覧ください。

在学生の皆さんへ 学長からの応援メッセージ
https://www.hokusho-u.ac.jp/info/?i=2274
謹白