重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 
 

新着情報

生涯スポーツ学研究科 新着情報

「修士論文発表審査会」が行われました。
2021.03.02生涯スポーツ学研究科
 令和3年2月5日(金)に生涯スポーツ学研究科修士論文発表審査会が開催されました。8名の修士課程2年生が、これまでの研究の集大成として修士論文の発表に臨んでいました。
 コロナウイルスの流行がなかなか収まらない中で、発表者の皆さんは前回の審査会からさらに研究を進め、修正を加えながらも無事最後の審査会を終えて、ほっとしていたように感じます。
 今回発表した修士課程の2年生を見習い、修士課程1年生も来年度の発表に向けて頑張っていきたいと思います。
お疲れ様でした。

当日の発表者と演題は以下の通りです。
 
発表者 演 題
五十嵐 美生
介護予防のための貯筋運動教室終了後における高齢者の運動行動変容
-北海道F町の事例から-
小向 啓介 筋疲労が膝屈曲筋力におよぼす影響
ハムストリング肉離れの再発予防を目的とした筋力評価分析
池林 敏明 柔道における寝技の指導プログラムに関する研究
松本 裕也 「側方倒立回転とび1/4ひねり〜後転とび」の技術学習に関する
発生運動学的一考察
武田 美里 積極的ウォームアップ後のカイロを用いた受動的ウォームアップの
無酸素性運動能力に対する有効性
佐々木 優 動機づけ雰囲気の違いがもたらす運動技能と楽しさへの影響
―運動学習場面への介入―
浦島 華乃 大学生アスリートの競技ストレスとソーシャルサポート
―H大学運動部を対象とした縦断的調査―
田畑 竜平 熟練スキージャンパーのテイクオフ動作中の生体力学的特性の分析
―主成分分析の応用―