重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 
 

新着情報

生涯スポーツ学研究科 新着情報

国際学会で教員・大学院生が発表し、ポスター優秀賞を受賞しました
2015.06.08生涯スポーツ学研究科
2015年5月22日(金)~23日(土)に台湾国立体育大学において開催された「「International Coaching Science Conference(国際コーチング学会)」において、本学教員と大学院生涯スポーツ学研究科修士課程2名が研究発表を行いました。本学会は、スポーツにおけるコーチング、コンディショニング・トレーニングに関する学会であり、アジア圏の研究者を中心に約300名が参加しました。

初めての国際学会で発表を行った院生の2名も積極的に海外の院生・研究者と交流し、今後の研究に役立つ多くの示唆を得ることができ、貴重な体験を積むことができました。また、生涯スポーツ学部スポーツ教育学科の竹田唯史教授、吉田昌弘准教授がポスター発表60演題の中から優秀賞(Best poster presentation)を受賞しました。

本学関係の参加者と演題は以下になります。
 
竹田唯史(生涯スポーツ学部教授):
Teaching Program of Skiing for Beginners in the first grade of elementary school
吉田昌弘(生涯スポーツ学部准教授):
The characteristic of the angle of the ankle joint in individuals with chronic ankle instability during lateral hop maneuver
梅田千尋(生涯スポーツ学研究科 2年):Teaching handball in the special-needs high school
小野地柊(生涯スポーツ学研究科 2年):Coaching golf for beginners
佐藤亮平(生涯学習学研究科修了):Teaching soccer in junior high school