重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 
 

新着情報

学生の活躍 新着情報

バドミントン部大会結果報告(2018年度全日本学生バドミントン選手権大会)
2018.10.24学生の活躍
こんにちは!
北翔大学バドミントン部顧問の竹内です。
「第69回全日本学生バドミントン選手権大会」が10月12日~10月18日に京都府京都市他で開催されていました。
本学バドミントン部の成績を以下の通りご報告させていただきます。
 
 
【女子団体戦】
~BEST16~
 
1回戦 北翔大学(3-1)天理大学
S1 関根千弥(教育4年)0(17-21,22-24)2森永
S2 酒井虹穂(スポーツ教育2年)2(21-13,21-13)0利根川
D1 池田有希(健康福祉4年)・向井仁那(教育1年)2(21-18,21-6)0坪内・森永
D2 矢上璃奈(スポーツ教育4年)・矢野あすか(スポーツ教育1年)2(21-19,21-12)0竹下・利根川
S3 池田有希1(21-15,打ち切り)0坪内
 
2回戦 北翔大学(2-3)早稲田大学
S1 向井仁那0(13-21,16-21)2吾妻
S2 池田有希2(19-21,21-16,22-20)1松本
D1 矢上璃奈・矢野あすか0(15-21,11-21)2吾妻・鈴木
D2 池田有希・向井仁那1(21-19,18-21,4-11,打ち切り)2平野・桃井
S3 酒井虹穂2(21-18,21-14)0中村
 
 
【女子シングルス】
~BEST32~
池田有希(健康福祉4年)
~2回戦敗退~
関根千弥(教育4年)
~1回戦敗退~
宮崎詩織(スポーツ教育3年)
高柳美月(スポーツ教育1年)
 
 
【女子ダブルス】
~BEST32~
池田有希(健康福祉4年)・矢上璃奈(スポーツ教育4年)
~1回戦敗退~
関根千弥(教育4年)・増永優香(ライフデザイン1年)
田中夢乃(スポーツ教育3年)・藤田莉果(こども2年)
 
 
【男子団体戦】
~1回戦敗退~
 
1回戦 北翔大学 (1-3) 京都産業大学
S1岩下直樹(スポーツ教育3年)0[15-21.19-21]2曽根
S2遠藤真彦(スポーツ教育2年)1[17-21.21-19.13-21]2山中
D1片桐悠輔(スポーツ教育3年)・小川凉真(心理カウンセリング1年)2[21-17.22-20]0木下・山中
D2遠藤・深田崇人(スポーツ教育1年)0[17-21.14-21]2曽根・寺尾
 
 
【男子シングルス】
~2回戦敗退~
 遠藤真彦(スポーツ教育2年)
~1回戦敗退~
片桐悠輔(スポーツ教育3年)
 
 
【男子ダブルス】
~2回戦敗退~
 高木健心(スポーツ教育2年)・高橋大輝(スポーツ教育1年)
~1回戦敗退~
岩下直樹(スポーツ教育3年)・片桐悠輔(スポーツ教育3年)
遠藤真彦(スポーツ教育2年)・深田崇人(スポーツ教育1年)

写真①

写真2

写真③

写真④

結果詳細ページ(全日本学生バドミントン連盟HP)
http://www.japanibf.com/game/000219.html
 
 
【学生コメント】女子キャプテン 池田有希(健康福祉学科4年)
今回のインカレでは、団体戦ベスト16で終わってしまったものの、強豪校である早稲田大学に2-3と全員で立ち向かうことができ、チームとしてひとつになることができました。そこで1ポイントの重さ、大切さを改めて全員で理解できたのではないかと思います。
個人戦では全体での最高がベスト32と、先輩たちのように結果を残すことはできませんでしたが、それぞれの課題を見つめ直し、今後へと繋げていきたいと思います。
応援、ありがとうございました。
 
【学生コメント】男子キャプテン小山内凱人(スポーツ教育学科4年)
団体戦では、西日本3位の京都産業大学に3-1という結果で敗れました。チーム一丸となって挑んだ試合だったのですが改めて実力差を実感しました。個人戦では上位入賞を果たすことができませんでした。団体戦、個人戦共に上位入賞を目指してこれからも頑張ります。
応援ありがとうございました。 
 
 
女子の団体戦では、国内有数の強豪チームである早稲田大学に対し果敢に挑みました。
最後は脚の痙攣による棄権により惜敗してしまいましたが、善戦できたことは学生自身が自らの成長を実感できる試合だったのではないかと思います。
また、試合を目の当たりにしていた後輩たちは、過去の実績にとらわれず、努力すれば全国は遠い存在ではなく乗り越えられる目標と認識できたのではないかと思います。
男子の団体戦は初戦敗退、個人戦でも早々に敗退し悔しさの残る大会となりました。しかし、出場した学生は全員が3年生以下のため、来年度リベンジしてくれることが期待されます。
北海道から全国へ、そして全国の頂点、さらには世界へとチーム一丸となって目標高く頑張ります!
今後とも、北翔大学バドミントン部への熱い声援よろしくお願いいたします!!
 
 
【今後の主な大会スケジュール】
・11月8日(木)~11日(日)「北海道学生バドミントン会長杯争奪戦選手権大会」(深川市総合体育館)
・11月26日(月)~12月2日(日)「全日本総合バドミントン選手権大会」(東京都世田谷区) ※関根千紘(教育4年)が北海道代表選手として混合ダブルスに出場。その他本学卒業生も出場予定。
・12月8日(土)~11日(日)「北海道学生バドミントン新人戦大会」(旭川市総合体育館)
 
 
                                                                                                                                      生涯スポーツ学部
                                                                                                                                      スポーツ教育学科
                                                                                                                           男子・女子バドミントン部
                                                                                                                                      顧問  竹内雅明