新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

子どもの走る能力を高める活動
2019.08.30スポーツ教育学科
 現代の子どもたちは、 30年ほど前の世代と比較すると運動能力や体力が低下している傾向が続いていると言われています。特に、走る運動能力は様々なスポーツに必要不可欠で、スポーツのパフォーマンスを大きく左右するものとなったり、生涯スポーツを豊かにする可能性を秘めています。
 そこで、大宮ゼミでは江別市を中心としながら、児童の走り方教室や陸上教室で指導を行ってきました。指導の内容は、自然環境を利用しながら“遊び”を中心として、どこでも誰でも実践可能なものとして、子どもの心をくすぐるプログラムを普及してきました。今後も継続して、子どもたちと直接ふれあい、学生たちの指導経験の場を増やしていきたいと考えています。
 
准教授 大宮 真一 (専門:陸上競技、コーチング)

写真1

写真2

写真3

写真4