重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 
 

新着情報

スポーツ教育学科 新着情報

「スポーツ栄養学」を専門とする大学教員の研究活動
2021.11.10スポーツ教育学科
スポーツ教育学科の黒田裕太です。研究分野は,スポーツ科学特に,スポーツ栄養学の分野を専門としています。私は,管理栄養士および公認スポーツ栄養士などの資格を有しており,スポーツ選手にとどまらず,運動を実施する方々全般に有益な知見を提供したいと考え邁進しています。
本日は,夏休みに実施した研究に関して少しお話しします。研究の目的は,スポーツ選手における水分損失と競技パフォーマンスとの関連性とその機序の解明です。本研究は,科学研究費助成事業(若手研究)にて研究費の助成をいただいて実施しています。
水分損失は,有酸素性および無酸素性の運動能力低下や環境温度の違いにより運動能力への影響が異なることが報告されています。水分損失は,運動による体重変化や運動後の尿や血液を採取することにより把握することが可能です。それらの方法を用いた研究では,運動能力の低下に留まっており,水分損失が競技特有のパフォーマンスに与える影響に関する知見は少ないです。そのため,競技特有のパフォーマンスに注目し水分損失との関連性を検討することは,競技特有のパフォーマンスの向上および低下抑制を目的とした水分補給戦略を構築する一助になると考えています。特に,私は,テニス競技を専門としていますので,テニスのセカンドサービスの精度をパフォーマンスの指標として設定しています。写真はセカンドサービスの精度の測定の様子です。マットは,1辺が0.9mの正方形で赤いマットを狙ってもらいます。
コロナ禍ということもあり,実験に制限があったりとスムーズに実施ができない中で少しずつ進めていければと思います。
北海道は,スポーツ栄養学を学べる大学はそこまで多くないです。もし,少しでも興味があればオープンキャンパス等に足を運んで見て下さい。
 
准教授・黒田裕太 (専門:スポーツ科学,スポーツ栄養学,テニス)