重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 
 

新着情報

健康福祉学科 新着情報

『介護のしごと1Dayチャレンジ!』第1回目を実施しました
2018.10.22健康福祉学科
健康福祉学科では、『介護のしごと1Dayチャレンジ!』(北海道「介護のしごと魅力アップ推進事業」助成)の第1回目を10月13日(土)に実施しました。今回は高校3年生が1名と、サポーターとして本学科の2年生2名が参加しました。
 
協力施設の静苑ホームに到着後、午前中は昼食の配膳や後片付けなど介護のしごと体験です。入居者にあったお食事の形態についてお膳を見ながら説明を聞いたり、実際にお食事の介助をさせていただいたりと、充実の90分!大学でのオリエンテーションで、食事介助の演習をした経験も活かせたようです。
午後は、デイサービスでゲームとカラオケのレクリエーションに参加です。95歳のお元気な歌声に聞き惚れ、気が付けば高校生も学生もマイクを握って歌っていました!一緒にお茶をいただきながら利用者の方々のお話しを伺ったり、オセロゲームを戦ったり、楽しい時間はあっという間に過ぎました。
 
最後の介護福祉士さんとの振り返りの時間で、参加者より「最初は緊張したが、お年寄りと接している内にほぐれ、楽しく感じた。」と頼もしい感想が聞かれました。施設の介護福祉士さんから、「福祉・介護に関心のある生徒さんは皆が人のためになりたいという気持ちを持っている。その気持ちを大切に、周りの人と良く話して関係を深めることが将来役立つはず。」というメッセージをいただき、参加者みなで心に刻みました。
 
第2回目;11月17日(土)に、多くの中学生・高校生の参加を期待しています。
 
介護のしごと1Dayチャレンジ! 介護のしごと1Dayチャレンジ!
体験に備えて大学でオリエンテーション サポート学生が介助方法を説明します
介護のしごと1Dayチャレンジ! 介護のしごと1Dayチャレンジ!
ユニットフロアで食事の説明を受けます 入居者の方から話しかけていただき感激!
介護のしごと1Dayチャレンジ! 介護のしごと1Dayチャレンジ!
デイサービスで自己紹介の場面 体験のしめくくり、振り返りの真剣な表情