新着情報

地域連携センターニュース 新着情報

奈井江町「あそびのフェスティバル」に参加しました
2019.11.06地域連携センターニュース
 10月27日(日)に奈井江町交流センター「みなクル」を会場に「あそびのフェスティバル」が開催され、本学からは短期大学部こども学科11名、生涯スポーツ学部スポーツ教育学科8名の学生がプログラムを提供したり、運営サポートをしたりしました。
 本学と奈井江町とは2013年(平成25年)に包括連携協定を結んでおり、2019年度は5つの事業が行われています。
「あそびのフェスティバル」は家族そろって楽しんでもらいながら、子ども、保護者、生徒・学生の地域づくりへの参加、交流を目的としています。
 ストリートパフォーマーのジャグリング・ショーで開幕し、今回も町内3児童館による縁日コーナーや、奈井江町子育て支援係による「流れ星キャッチ」「間違い探し・不思議な絵」「どっちが早いかな」やハロウィンの帽子などの制作、奈井江商業高校の生徒による「おもしろ科学実験」、石窯ピザづくり、かぼちゃランタンづくり、大学生が企画したゲームなどたくさんのプログラムが提供されました。大勢の子供たちとそのご家族が来場し大いににぎわいました。
 
 午前中は、こども学科が制作し大学祭で実施した「こどもの国」の企画「さかなつり」「輪投げ」「まとあて」「魚のえさやり」などで幼児と楽しく交流しました。
 午後からは小学生を対象に、スポーツ教育学科学生が「ケイどろ」や「しっぽ取り」「ハンカチ落とし」などの鬼ごっこ、「椅子取りゲーム」や、「ドッジボール」「天大中小」といったボールゲームなどの遊びを用意しました。男の子も女の子も夢中になって元気に体を動かしていました。「次も絶対来る!」と嬉しい約束をしてくれるお子さんもいました。
 
 学生たちは実践の場で学びを深めるとともに、自分たちの企画した遊びを子供たちに楽しんでもらえて、充実した一日になりました。
 
ジャグリングに学生飛び入り!
写真1
 
自分で作った冠をつけてかぼちゃの馬車に乗ったよ


さかなつり
写真3
 
縁日コーナー
写真4
 
どっちが早いかな
写真5
 
ケイどろ
写真6
 
ケイどろ
写真7

しっぽ取り
写真8