重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

お知らせ 新着情報

​新型コロナウィルス感染症に関する本学の当面の対応について(令和3年1月8日版)
2021.01.08お知らせ
 新型コロナウィルス感染症への対応に関し、北海道と札幌市は年末年始を見据えた感染拡大防止を徹底するため、令和2年12月12日(土)から令和3年1月15日(金)までを集中対策期間としています。
 その間に、国は首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言を発出し、北海道では知事から対象地域への不要不急の往来自粛が呼びかけられています。また、現在、北海道の新規の感染者数は増加傾向にあります。
 これらの社会的な状況を鑑み、1月13日(水)以降についても、本学としての危機管理行動指針は、レベル3を継続することになりました。
 レベル3では、授業は遠隔での実施となり、学内への立ち入りも制限されます。しかし、本学では資格取得等に関わり実技・実習を必要とする科目も多く、必要な技術指導などを含め、遠隔授業では伝わりにくい教育内容を対面による授業を通して教育活動を行うことを重視しております。よって、レベル3を継続しつつも、卒業及び修了年次生の卒業、資格取得に関わる指導や、卒業年次生以外であっても対面での学修が必要な科目については、対面による授業を実施してまいります。また、遠隔授業の受講環境が悪く学内でのネットワーク接続を希望する学生などの立ち入りも認められています。
 レベル3は継続されますが、12月14日(月)以降に遠隔授業や休講となった科目のうち、1月13日(水)以降、実技・実習等の科目の中には、対面による授業が行われる科目があります。詳しくは科目担当教員からの連絡を確認してください。また、部活動などの学生生活に関しては、学生生活支援オフィスのお知らせを確認してください。
 本学では、学生のみなさんへ「消毒セット」を配布し、講義室や食堂などの学内施設の使用後の消毒作業へのご協力をお願いしております。また、大学内でのマスクの着用はもちろんのこと、体調不良を感じた場合には登校しないこともお願いしているところです。
 本学としては、これからも一層感染拡大防止策を徹底し、学生及び教職員の安心・安全を確保しながら、教育活動を継続できるよう努力してまいりますので、何とぞご理解いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
北翔大学
北翔大学短期大学部
北翔大学大学院
学長 山谷 敬三郎