重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

お知らせ 新着情報

新型コロナウィルス感染症に関する本学の当面の対応について(令和3年11月1日版)
2021.11.01お知らせ
新型コロナウィルス感染症に関し、北海道は11月1日から北海道の対策の基準としている警戒ステージを「1」に引き下げることを決定いたしました。本学としても、11月1日(月)より、本学の危機管理行動指針のレベルを「1」といたします。

北海道の資料によれば、新規の感染者数は減少に転じ、医療提供体制についても療養者数及び入院患者数が横ばいから減少に転じているとされています。しかし今後、積雪の季節を迎えることによって、窓を閉めての活動など密になる可能性が増えることが懸念されています。北海道の警戒ステージは引き下げられ、様々な制限が緩和されますが、マスクの着用、手指消毒、三つの密(密閉・密集・密接)の回避や人と人との距離の確保などの基本的な感染防止行動を徹底し、気持ちが緩むことのないよう、これまで以上に感染拡大防止を意識していただきたいと思います。

本学では、9月27日(月)から後学期の授業が始まり、10月4日(月)からは危機管理行動指針のレベルを「2」として、多くの科目を遠隔授業から対面による面接授業へと変更して実施してまいりました。今回、さらにレベルを「1」へ引き下げることにより、面接授業へ変更される授業も増えておりますので、各科目担当教員からの講義連絡を必ず確認してください。

学生のみなさんにおかれましては、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を一人ひとりが自分のこととして意識し、若者向けに発信されている情報「大切なひとをあなたが守る」を改めて読み直し、自制した行動を心掛けてください。また、これまで通りに、日頃の体温測定と行動の記録を継続し、ご自身の健康管理を行っていただくようお願いいたします。遠隔授業を受講する環境が整っていない学生には、学内でのパソコン等の使用や、操作のサポートも引き続き行っております。ガイダンスティーチャーもしくはゼミ担当教員へご相談ください。
教職員についても健康管理を行い、自制した行動をするようお願いいたします。

本学としては、これからも一層感染拡大防止策を徹底し、学生及び教職員の安心・安全を確保しながら、教育活動を継続できるよう努力してまいりますので、何とぞご理解いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
北翔大学
北翔大学短期大学部
北翔大学大学院
学長 山谷 敬三郎