重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

健康福祉学科 新着情報

健康福祉フォーラムを開催しました
2015.12.22健康福祉学科
平成27年12月19日(土)13:30~15:30、ホテルポールスター札幌において健康福祉フォーラム「認知症予防を学ぶ」を開催しました。

定員を超えるお申し込みがあり、会場一杯に参加者をお迎えするなか、西村学長の挨拶、来賓代表として赤平市の菊島市長よりご挨拶を頂きフォーラムを開始しました。

第一部の基調講演では「認知症への正しい理解と予防の必要性」と題して、鳥取大学医学部の浦上克哉教授にご講演を頂きました。浦上先生は、認知症を早期に発見し適切に対応する大切さや、発症の予防に今から取り組める活動など、わかりやすくお話して下さいました。先生からの投げかけに会場のみなさんが挙手で応じて下さったり、時折笑いが起こったりと、和やかな雰囲気の中で認知症についての学びが得られたように思います。

第二部では「認知症予防への取り組みに向けた専門職の役割」と題して、浦上先生、赤平市地域包括支援センターの飛内まゆか保健師、健康福祉学科の小田史郎教授がパネリストとなり、公開討論を行いました。飛内保健師からは、赤平市で現在進められている認知症予防に向けた取り組みやそれに関わる人々に求められること、小田教授からは、健康福祉学科が育成していこうとする人材について紹介がありました。これらを踏まえ浦上先生より、赤平市の取り組みがリスクの高い高齢者に広がることや、日本で初めてとなるであろう学部レベルでの認知症予防に向けたカリキュラムの設置に期待するコメントを頂きました。

会場のみなさんの熱心なご様子からも、本テーマへの関心の高さが感じられました。今後も本学科は、認知症予防に向けて正しい理解や対応の知識を深め、人材育成に取り組んで参ります。
 
健康福祉フォーラム 健康福祉フォーラム
西村学長挨拶 赤平市長挨拶
健康福祉フォーラム 健康福祉フォーラム
浦上先生講演① 浦上先生講演②
健康福祉フォーラム 健康福祉フォーラム
飛内保健師 小田教授
健康福祉フォーラム 健康福祉フォーラム
浦上先生からのコメント 質疑応答