重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

お知らせ 新着情報

​新型コロナウィルス感染症に関する本学の当面の対応について(令和3年4月1日版)
2021.04.01お知らせ
令和3年度が始まりました。本日より本学の危機管理行動指針(令和3年2月8日改訂版)のレベルを「2」といたします。

令和2年度末の3月には、札幌市内において新規感染者数の増加傾向が確認され、道内各地と札幌市との不要不急の往来自粛などが呼びかけられました。本学においても、感染者が急激に増え、集団感染の発生につながりました。結果的にホームページで公表している通り、3月中には17名(うち集団感染分は8名)の学生および職員の感染が判明しました。これまで感染が判明した学生からの報告では、いつ感染したのかも不明という報告が多く、誰にでも感染のリスクがあると言えます。

本日より本学の危機管理行動指針のレベルを「3」から「2」に引き下げます。しかし、感染状況が終息したわけではありません。新型コロナウィルスへの感染は、人と人との接触機会や移動の増加によって拡大すると言われており、若い世代では無症状感染者が多いとも言われております。新年度を迎え、人々の移動の増加が予測され、様々な場面で人同士の接触機会が増える時期となっております。今後の授業をできるだけ対面で行うには、一人ひとりが自分のこととして感染拡大防止を意識することが大切です。北海道新型コロナウィルス感染症対策本部から若者向けに発信されている情報「大切なひとをあなたが守る」を必ず読み、行動してください。

学生及び教職員のみなさまにおかれましては、日頃の体温測定と行動の記録をつけて、ご自身の健康管理を行っていただくとともに、体調不良を感じた場合には登校しないようお願いいたします。また、学生のみなさまには、これまで通りに、配布された「消毒セット」にて、講義室や食堂を含む学内施設の使用後の消毒作業へのご協力をお願いいたします。

本学としては、これからも一層感染拡大防止策を徹底し、学生及び教職員の安心・安全を確保しながら、教育活動を継続できるよう努力してまいりますので、何とぞご理解いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
北翔大学
北翔大学短期大学部
北翔大学大学院
学長 山谷 敬三郎

参考:北海道 普及啓発資料「大切なひとをあなたが守る」