重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

学生の活躍 新着情報

【バドミントン部】2021年度全日本総合バドミントン選手権大会結果報告
2022.01.13学生の活躍
「2021年度全日本総合バドミントン選手権大会」が12月24日(金)〜30日(木)まで東京都調布市にて開催されていました。
北海道地区の代表として大会に出場した、本学バドミントン部の結果報告をご報告いたします。
 

【女子シングルス】:予選2回戦敗退
〜1回戦〜
内山真希(スポーツ教育3年)  2(22-20,20-22,21-19)1 濱北もも(広島ガス)
〜2回戦〜
内山真希 1(22-20,19-21,17-21)2 金廣美希(再春館製薬所)

内山真希(スポーツ教育3年)

【女子ダブルス】:予選1回戦敗退
向井仁那(教育4年)・内山真希 0(8-21,10-21)2 廣上瑠依・加藤佑奈(再春館製薬所) 


奥:向井仁那(教育4年)・手前:内山真希(スポーツ教育3年)

【混合ダブルス】:予選1回戦敗退
川西卓也(SMASHSPIRIT)・山元千聖(スポーツ教育2年)  0(13-21,17-21)2 酒井健登(大同特殊鋼)・井上洸(東海興業)


手前コートのネット右側の左:山元千聖(スポーツ教育2年)

【大会ページ】
https://www.badminton.or.jp/alljapan_3/r3_75/index.html

女子シングルスで、内山真希が予選2回戦まで進出しましたが、惜しくも本選出場は叶いませんでした。
この他、外部コーチの本田恵利奈さんと高階知也さんも北海道バーバリアンズR.S.Cの選手として大会出場いたしました。
本田・高階ペアの混合ダブルスは、シード選手として本選から出場し、ベスト8となりました。
本田さんは、清水望選手(昭和電工マテリアルズ)との女子ダブルスでも出場し、ベスト8に進出いたしました。
 
大会開催にご尽力いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。
北翔の名のごとく、北海道から全国、そして全国の頂点、さらには世界へとステップアップしていけるよう頑張ります!
皆様に応援していただけるチームを目指して、学生とともに日々精進して参ります。
 
 
男子・女子バドミントン部
顧問  竹内雅明