重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

地域連携センターニュース 新着情報

「カルチャーナイト2022」の【施設参加プログラム】を終了しました。
2022.07.30地域連携センターニュース
7月22日(金)に本学は2つの施設プログラムを実施しました。
 
1階のギャラリーAでは、生涯学習学研究科の小室晴陽教授と同大学院2年生の能崎大輔君による「縄文&時計台トランスプロジェクション」を、3階のギャラリーBでは教育文化学部芸術学科の林亨教授と山下圭介講師による「芸術学科教員によるギャラリートーク」を出展しました。

2日前から準備が始まりましたが、好天の暑い日で西日が強く、なかなか暗くならなくて苦戦していました。


本学の札幌円山キャンパスギャラリーAは全面ガラス張りなので、1階で行われたプロジェクションマッピングは、屋外からもよく見え、ご通行の人々の目を奪っていました。外から熱心に眺める親子連れもちらほらといらっしゃいました。


複数枚のパネルを用いて奥行き感を演出した映像表現と、自由な発想で学生が創作した「アメコミ風縄文土偶ヒーロー」の存在感は圧巻で、大人気でした。お子さん方はパネルの前に立ち、自分の体に映像を映して楽しんでいました。


楽しむお子さんの姿を撮影する親御さんも楽しそうでした。


また、精巧に作られた札幌時計台の模型に美しい映像が次々に投影される様も来場者を魅了していました。


3階のギャラリーBでは、「芸術学科教員によるギャラリートーク」を出展しました。ゆっくりと滞在して好きな絵画や彫刻の前で、その作者と談笑している楽しげな来場者の姿が見られました。




中には、明るい時間にプロジェクションマッピングへお越しになったので、先にギャラリートークの会場をご案内した方々が、上がったきり、なかなか降りてこないことなどもありました。皆さんとても満足されたようでした。
 

地域の皆様へ、文化的なひとときを提供できたことは私どもにとっても大変喜ばしい経験となりました。

なお、【オンラインプログラム】引き続き、8月5日(金)まで配信されます。
メニューは下記の通りです。是非、ご覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

「身近な地域の出土地の様子・景観を観察してみよう」菊地 達夫先生
https://youtu.be/R_ONybNA_TM
「北翔大学 幼児教育コース伏見ゼミ3年「パネルシアター」」伏見 千悦子先生
https://youtu.be/i4uWZoY7Ezo
「音楽鑑賞の魅力」千葉 圭説先生、岡元 敦司先生、坂田 朋優先生
https://youtu.be/eusIHr3Ev2s
「子供の絵の見方〜絵を通して子供の素晴らしい世界を知る」山崎 正明先生
https://youtu.be/EoVUuliqXF8
「江別市における防災教育~避難所における感染予防対策とダンボールハウス・ダンボールベッドの作り方~」千里 政文先生
https://youtu.be/KainQ2pwoiw