重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

健康福祉学科 新着情報

杉岡ゼミの活動
2020.01.30健康福祉学科
 本ゼミには、人間の心と身体に興味を持っている学生が集い、現在、3年生10名、4年生10名の計20名が所属しています。
 
 本年度のゼミの活動として、12/14(土)に開催された「札幌ウィンターパーティ」(主催 公益財団法人そらぷちキッズキャンプ)でのボランティアについて紹介します。そらぷちキッズキャンプは、病気の子どもたちやご家族が、自然の中で楽しい時を過ごし、「楽しい思い出」「素晴らしい仲間」「生きる力」「希望」を得ることを目指して、キャンププログラム活動を行なっています。
 
 杉岡ゼミ生では、昨年度から「そらぷちキッズキャンプ」の札幌でのイベントにボランティアとして参加させていただいています。今年度は、昨年よりも規模が大きくなりイベントの企画の一部を任せていただき、ニュースポーツ体験(スポーツ吹矢、ディゲッター、カローリング)とアロマセラピー体験(アロマポット製作)を運営しました。
 4月以降、そらぷちキッズキャンプさんとの打ち合わせを行い、企画を練り上げていきました。そして、11月にはそらぷちキッズキャンプ(滝川市)で2日間のゼミ合宿を行い、イベントのシュミレーションをするなど、イベントに備えました。
 当日は、500名を超える多くの方々にご来場いただき、会場内は、子ども達の笑い声や保護者の方々の明るい笑顔が満載の素敵な空間になりました。2つの体験コーナーは、そらぷちキッズキャンプのスタッフの方々に温かく見守っていただきながら、ゼミ生主体で運営し、一人一人が持てる力を発揮し、全力で取り組んでくれていたように感じます。そして、学内では得ることのできない貴重な経験を通して、ゼミ生一人一人がそれぞれの感性で多くのことを学んだことと思います。
 
 人間の心と身体を理解することは、一筋縄ではいかない作業です。杉岡ゼミでは、まずゼミ生が自分と向き合い、自分の心と体のことを理解していきます。そして、今回のような経験を重ねながら、他者を理解する力を養い、それぞれが進む道(教員・公務員・企業人など)を視野に入れつつ、進めていければと考えています。

写真1

写真2

写真3

写真4