重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

生涯スポーツ学部 新着情報

「認知症と向き合う~認知症の正しい理解と対応~(生涯スポーツ学部公開講座)」を開催しました
2018.02.13生涯スポーツ学部
平成30年2月11日(日)、本学722教室において生涯スポーツ学部公開講座を開催しました。今回は認知症予防研究の第一人者・浦上克哉教授(鳥取大学医学部教授、本学客員教授)をお招きし、「認知症と向き合う~認知症の正しい理解と対応~」というテーマでご講演を頂きました。

講義では、認知症は怖い病気ではないこと、認知症予防では病気にならないための予防と発症してからの進行予防の両面が重要であること、認知症への対応は早いほど良いことから積極的な認知機能のチェックや診断が望まれることなどについて、わかりやすくお話し下さいました。また後半では、普段の生活の中で取り組める予防活動などについてもご紹介いただきました。
当日は100名を超える地域の方々にご参加いただきました。先生からの投げかけに挙手で応じて下さったり、笑いが起こったりと、非常に楽しい雰囲気の中で認知症についての学びが得られました。また講演後は活発な質疑応答が行われるなど、参加者の皆さんの本テーマへの関心の高さが感じられました。

本学部では、こうした啓発活動を今後も続けていくとともに、認知症予防についての正しい理解や実践力を持つ人材育成に取り組んでまいります。

「認知症と向き合う~認知症の正しい理解と対応~(生涯スポーツ学部公開講座)」

「認知症と向き合う~認知症の正しい理解と対応~(生涯スポーツ学部公開講座)」