重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

健康福祉学科 新着情報

J-STARプロジェクト「第2ステージ(パラリンピック競技測定会)」北海道ブロックに協力しました
2021.11.16健康福祉学科
JAPAN RISING STAR PROJECT(略称:J-STARプロジェクト)は,パラスポーツにおいて将来性豊かなアスリートを発掘・育成するために,全国8ブロックに分かれて実施されています.この北海道ブロックとして,2021年11月14日(日),野幌総合体育館で測定会が実施され,健康福祉学科教授小坂井留美が日本パラスポーツ協会委嘱の測定統括として参加しました.測定会には将来のパラアスリートを目指す25名が参加し,参加者は測定後に15競技団体の代表者と競技相談を行いました.J-STARプロジェクトとしては初の北海道開催となり,最後まで熱気あふれる会となりました.
本学では,2018-19年に本事業とも関連するパラスポーツ体験会・測定会を実施し,多くの皆様にご参加頂きました.今回測定に従事された協力員の方の中には,「北翔大学で開催した時に行きました」と声をかけて下さる方もあり,本測定会はCOVID-19感染拡大による活動自粛の後,パラスポーツ支援に関わる人々と再び集えた機会ともなりました.アスリート発掘に挑戦した方の中では,本学卒業生が立ち上げた障がい者スポーツ団体からの参加者も多くあり,北海道のパラスポーツにおいて本学がキーとなる結びつきの広がりを感じました.
本学は,今年10月に日本スポーツ振興センター・ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)設置HPSCネットワーク連携機関(体力測定)に認定されました.本測定会にはHPSCからの視察もあり,パラアスリート事業においても今後の本学の協力を確認しました.本学が,北海道のパラスポーツの可能性を広げる機関になれば幸いです.今後ともどうぞよろしくお願い致します.
 
健康福祉学科 小坂井留美
 

測定方法オリエンテーション(説明はもう1名の測定統括者:掲載許可有)