重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

生涯スポーツ学部 新着情報

「地域支援実習」報告 =「6時間リレーマラソンin札幌ドーム2013」の運営ボランティアスタッフとし
2013.09.06生涯スポーツ学部
スポーツ教育学科の地域貢献科目である「地域支援実習」の一環として,同学科2年生等19名が「6時間リレーマラソンin札幌ドーム2013」(主催:さっぽろ健康スポーツ財団他,7月21日(日)開催)のボランティアスタッフとして運営に参加しました。
今回参加した「6時間リレーマラソンin札幌ドーム2013」は、参加者が約1,000人、来場者数が10,000人を超える道内最大級のマラソンイベントです。競技は、2~10名の1チームで札幌ドーム内に設営された1周2㎞のコースを、①リレー形式で1人1周ずつタスキをつないで走り、コースを何周できるかを競い合うものと、②フルマラソンをどれだけ早く完走するかを競い合うものの2種目で行われました。
本学の学生は、さっぽろ健康スポーツ財団が実施する体力測定ブースで握力測定や上体起こし,垂直跳びなどの測定スタッフとして活動しました。主催者からは「ボランティアスタッフの皆さんのおかげで、817名が体力測定ブースに足を運んでくれました。本当にありがとうございました」との感謝の言葉をいただきました。学生からは「疲労感はありましたが、このような大きなイベントに参加できてよかったと思います。来年はランナーとして参加したいです」といった感想が聞かれました。このように、今回、スポーツイベントに参加できたことは、学生にとってスポーツ実践の意味やスポーツへの関わり方について考える良い機会となりました。
 
イベント会場 受付の様子
測定スタッフ(上体起こし)の様子 測定スタッフ(全身反応時間)の様子
 
測定スタッフ(測定器装着)の様子