重要!

新型コロナウイルス感染症対策に関する本学の対応について

新着情報一覧
 
 

最新のエントリー


アーカイブ

 

新着情報

お知らせ 新着情報

新型コロナウィルス感染症に関する本学の当面の対応について(令和2年9月10日版)
2020.09.11お知らせ
 新型コロナウィルス感染症への対応に関し、本学では「北翔大学危機管理行動指針(令和2年6月9日版)」を定め、7月16日(木)以降はレベル1を継続してまいりました。また、地域の感染状況を注視しながら、前学期の後半には一部の科目において対面での授業を実施してまいりました。
 後学期の授業については、文部科学省の7月27日付事務連絡「本年度後期や次年度の各授業科目の実施方法に係る留意点について」において、地域の感染状況や、教室の規模、受講者数など様々なことを考慮し、感染防止対策を講じた上で対面での授業の実施を検討することが求められております。同時に、感染防止対策等の面から対面での授業が困難と判断される際には、遠隔授業の実施も検討することが求められており、本学としても、適切な運用となるように遠隔授業と対面での授業とを併用することを検討してまいりました。
 9月10日現在において、本学の危機管理行動指針レベルは1であり、このレベルが継続されるという前提で、令和2年度後学期の授業は、遠隔授業を一部残しつつも対面での授業を中心に行うことといたしました。対面での授業を行うにあたっては、学生の登校への不安を少しでも緩和させるべく、1講時目の開始時刻を9:00から9:20へと変更し、通勤時間帯、特に高校生との登校時間帯の重複を避ける対策を講じることといたします。また、授業時間内の換気はもちろんのこと、教室等は収容定員の半数以下として学生同士の距離が十分にとれるように配慮いたします。
 ただし、今後の感染状況等によりレベル1の継続が困難となった場合には、対面での授業を中心とした授業展開から、遠隔授業中心に移行することといたします。その際には、1週間の講義を休講とし、移行への準備期間を設けるようにいたしますので、ホームページ上でご確認いただければと思います。
 すでに、学生及び教職員のみなさまには大学内での過ごし方について様々な注意事項をお願いし、ご協力いただいているところではありますが、学生及び教職員の安心・安全を確保して授業を行うために必要な取組となっております。何とぞご理解いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
 
北翔大学
北翔大学短期大学部
北翔大学大学院
学長 山谷 敬三郎